簡単なホームページ製作の基礎

ホームページを製作する際には、まず自分のパソコンの中で、掲載する文や写真、イラスト、さらに配置などを指示するためのプログラムなどを、ファイルとして作成しなくてはなりません。
そして、WEBサイトの製作にはhtmlというプログラム言語を用いることが多いので、ここではhtmlを使用した方法を紹介していきます。
まず、パソコンの基本的な設定で、htmlという拡張子を表示しない設定になっているケースが多いため、最初にhtmlを表示できるように、設定を変更しておきましょう。
フォルダオプションという項目の中に、表示に関する設定がありますので、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外しておきます。
次に、マイドキュメントの中などで、新しいフォルダを作ります。
この新しいフォルダは、ホームページを保存するために活用していきます。
そのため、フォルダの名前は、WEBサイトのタイトルなど、すぐにわかるものにしておいた方が良いでしょう。
そして、次は実際に文章をWEBサイトにしてみましょう。
メモ帳を開いて、そこへhtml記述を行っていきます。
最初に、宣言文というものから始めることで、htmlを使用してサイトを作ることを宣言します。
そして掲載する文章や、文章の配置、色などを指定して、完了したら、名前を付けて保存します。
そのとき、ファイル名の拡張子はhtmlとしておきます。
そうすると、アイコンがブラウザのものになりますので、そのアイコンをクリックするとサイトへアクセスできるようになります。
◆Recommended Site
>>SSLはセキュリティの王道
SSLの導入をお考えなら、こちらの業者がおすすめです。信頼のサービスが良心的な価格で手に入りますよ。サポート体制も万全です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自分で作るWEBサイト〜お金をかけずに作るかっこいいサイト〜.All rights reserved.