WEBサイトの仕組み

全くWEBサイトについての知識がないという人は、まずインターネットでWEBサイトが後悔されている仕組みについて、知っておきましょう。
仕組みと言っても、難しいことは置いておきます。
簡単に、どういった仕組みでWEBサイトが成り立っているのかを、考えてみましょう。
それではまず、何かインターネットのサイトを開いてみてください。
そして、サイトが表示されている状態の画面上で、サイトの上を右クリックします。
色々な項目があらわれますが、その中に「ソースを表示する」という項目があると思います。
これをクリックします。
そうすると、アルファベットや記号、通常の文章、数字などが羅列されたウィンドウが開くと思います。
これが、サイトにおける文字の大きさ、色、段組、段落といった基本的な情報を決定しています。
そして、WEBサイトのアドレスでは、末尾がhtmlとなっているケースが多いのですが、このhtmlはサイトをプログラミングするための拡張子というもので、サイトのデザインを決定づける役割をしているものです。
拡張子に関しては色々な種類があり、本当に理解するのは少し難しいかもしれません。
しかし、実際にWEBサイトを製作していくなかで、拡張子の扱いにも慣れてくると思いますので、最初から一度に覚えてしまう必要はありません。
上記のような指令を出すソースや拡張子があり、そこへ文章や写真、イラストを載せることによって、WEBサイトが構築されているのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017自分で作るWEBサイト〜お金をかけずに作るかっこいいサイト〜.All rights reserved.